A.Y(合格校:桜蔭、豊島岡女子学園、西大和学園)

 私の国語の成績は偏差値の変動が激しく、安定していませんでした。
 その理由として国語塾の田中先生に注意されたことは
①文章をよく読まないこと
②自分の都合の良いように解釈すること
でした。
 記述中心の桜蔭でも、選択問題中心の豊島岡でも、その欠点は致命的で、田中先生に厳しく指導されました。私は、文章をよく読み、傍線部の前後やテーマが書かれているところに線を引き、自分の勝手な思いこみを捨てるように努力しました。
 桜蔭に関しては、設問に沿い、キーワードが入っている解答をつくりあげるために、解答を書いて書いて書きまくりました。
 豊島岡に関しては、選択肢の文章を区切り、本文と照らし合わせ、正解を選ぶという方法を先生から教わり、正答率を上げるように努力しました。
 そして、私はどちらにも合格することができました。
 受験を控える皆さん、頑張ってください。
 そして、田中先生、最後の最後まで励ましてくださって、ありがとうございました。


 田中先生には、中学受験で息子と娘と二人、お世話になりました。
 娘は本を読むのが小さい頃から大好きだったので、それほど国語には不安を抱いておりませんでしたが、受験勉強が本格化してから驚いたのは、国語の偏差値の変動の激しさでした。
 本を読むのが好きというのは、ものすごいスピードで読み進め、自分の好きなように解釈していくということにつながっていたようで、記述の点数は取れない、選択問題は外しまくるといった調子で、毎回テストのたびに偏差値をみて驚いてしまいました。
 親の言うことは聞かなくても、田中先生の指導には素直に従う子だったので、それらの欠点を直し、点数として反映されるような答案の書き方、線の引き方、選択問題の取り方などを指導していただきました。
 親として私がしたことはあまり口を挟まないことでした。
 一生懸命書いた記述に私が口を挟めば嫌がることは目に見えていましたので、意味不明で、読んでいる私が「うーん」と頭を抱え込んでしまうような文章でも細かいことは言わず、田中先生の指示に従うようにとだけ言い続けました。
 心が折れることなく、手が真っ黒に汚れるまで記述の答案を書き続けた娘の努力には、親ながら本当に頭が下がります。
 そして、そんな娘に、ただただまっすぐ指導してくださった先生に、深く感謝いたしております。
本当にありがとうございました。
 これから受験される皆さんの合格を心からお祈りしております。

▲ページの上に戻る

合格体験記 保護者のコメント

A.I(東海大学付属相模高校中等部合格)

 娘は、小学校1年生の時に、茅ヶ崎市内のテニススクールに入会し、5年生になる頃には、アカデミークラスでレッスンが受けられるようになりました。週6日ほぼ毎日、18:00〜21:00までテニスという生活でした。中学・高校でもテニスがしたいという本人の思いから、硬式テニス部のある東海大付属相模高校中等部を受験する事を決めました。

 毎日21:00までのテニスレッスン…。
 毎日遅く帰って来て、朝はスッキリ目が覚めないという生活…。
 勉強時間も定まらず…。

 このような生活では、とても4科目を勉強する時間はないと思い、2科目で受験をすることにしました。
 学習時間は余りなく、国語塾の宿題は、テニスの前に終わらせる。
 ほぼテニスがメインの生活でした。

私は、「甘いな!こんな生活では絶対に受からない!」と強く強く思っていました。
 田中先生、淑乃先生は、「受験勉強は、家庭での毎日の基礎学習の繰り返しがとても大事」と強く教えてくれていました。
 しかし、親が言ったところで、娘本人がそのことに気づかないと、真剣に勉強に取り組むことはないと思い、本人が気づいてくれる日を辛抱強く待つ事にしました。

 1年が過ぎ、いよいよ6年生。
 それでもまだ娘は気がつきません。
 6年生の夏がやってきました…
 世の中の受験生は、過去問を解き始め、追い込みに取りかかる時期です。この夏で娘が気づかなかったら、受験は無理だなと私は思っていました。

 この頃になると国語塾の国語と算数の宿題の量も増えてきました。

学力をつけるために決まった時間に家庭学習をするというよりは、空いた時間にとりあえず終わらせるという…勉強に追われている感じの毎日でした。

娘は、そんな生活の中で少しずつ勉強をする時間が足りない事に気づき始めました。
本人の口から、夏でテニスをお休みすると言ってきました。8月末日でテニススクールをお休みすることにしました。
 私は、ヨシッ!と思い、9月からの模試の申し込みをしました。

 9月。娘にとって初めての模試…。
 難しい問題に出会った緊張で、会場から出てきた娘に笑顔はなく、娘は、「このままでは合格しない」と呟きました。私は、良かった。と思いました。「出来ない」と思ってくれないと真剣なスタートができないからです。
 初めての模試の結果は数値にも現れていて、合格率20%以下…。でも、ここからがスタートだと思いました。

 テニスを辞めて数日たったころ、授業の終わりに田中先生から「最近、学習に対する姿勢が違います」というお言葉を頂きました。テニススクールを辞めたことをお話すると、先生は、「そうですか。やっぱり」とおっしゃってくれました。娘の学習意欲や細かな心の変化にも気がついて頂けるほど、国語塾では個人個人に密接な指導をして頂けます。とても安心です。
 家庭学習にも、変化が出ました。朝起きたら算数のマスター計算を必ず行い、学校から帰って来たら算数の残りの宿題と、国語の宿題を行う。
 学習時間と成長期の子に必要な睡眠時間は、十分に確保できる生活が始まりました。
 模試の結果もでてきました。模試の3回目には、80%の合格判定が出るようになりました。

 田中先生が、最後の授業で、「正直、4月の時点では、最後に仕上がるか、大丈夫か、心配でした。でも、ここまでしっかりと出来るようになり、もう何も心配はありません」
とおっしゃってくれました。とても心強かったです。

とは言え…。
試験日前日最後の授業が終わり、娘の表情が今までとは全く違い、とても緊張した様子でした。
算数も国語も、最終日に学習する課題が出ていたので、家で必死に解きました。全ての課題が解き終わった時には、娘も安心した表情に変わりました。

 試験日当日の不安と緊張は拭えませんでしたが、ここまで来たらやるしかない!という気持ちで試験に挑み、しっかりと踏ん張って初日の試験で志望校合格を決めてくれました。

 田中先生、淑乃先生に志望校合格まで導いて頂けましたこと、心から感謝しております。
 どうもありがとうございました。

▲ページの上に戻る

H.K(東京海洋大学海洋科学部 神奈川県内私立高校)

 私は、東京海洋大学の留学経験特別枠という、今年度新しくできた入試に挑戦し合格することができました。
 9月に募集要項が出て、初めて入試内容がわかりましたが、前例がない試験なので手探りでの準備になりました。
 英語の外部試験については、留学中にTOEIC,TOEFLの予約などを済ませて帰国後すぐに取りかかることができました。しかし、留学していたため、約1年間日本語を使わなかったこともあり、日本語で書く小論文、面接に不安があり、田中先生に連絡し相談しました。
 面接の練習や志望理由書を書く際、自分のアピールポイントに迷いがありましたが、田中先生にわかりやすくダメ出しをしていただいたことにより、自分の考えが明確になり、自信がつきました。
 田中先生には力一杯ご指導いただき、試験、面接の当日も、気持ちに余裕を持ってのぞむことができました。
 中学入試、大学入試の2度にわたって大変お世話になりました。
 ありがとうございました。

▲ページの上に戻る

A.Y(國學院大學人間開発学部、日本大学経済学部、他多数合格 神奈川県内私立高校)

 私は、数学、国語、小論文、英語をつかって受験しました。
 数学はもともと好きで、自分では得意だと思っていていましたが、なかなか理系の人と張り合えず、かなり苦しかったです。自分のできる問題ばかりやっていて、わからなそうな問題にトライしなかったことを少し後悔しています。でも、数学による受験は、他の人とすこし違った角度から受験できていい経験になりました。
 私は、中学受験の時にも国語塾に通っていました。中学に入ってからはしばらく国語塾に通っていませんでしたが、高校生になってまた通い始めました。国語は自分ひとりでなにをしたらいいかよくわからず、最初は、国語塾になんとなく定期的に通っているだけでした。
 でも、国語塾での勉強は、知らず知らずのうちに国語の偏差値をのばしてくれました。高3の10月ごろからは自分でも志望校の過去問を1日1題ずつ解けるようになりました。
 小論文はいきたい学部に必要な知識をひたすらまとめて頭にいれ、構成を考えて、いろんな課題にチャレンジしました。自分が将来やりたいことに関わる内容だったので、楽しく対策できました。
 英語はとても好きな科目です。でも、一番苦手でした。好きだから苦手なことを受け止められずにいました。模試をうけるにつれて、苦手だということを自覚し、基礎から始めることにしました。高3の夏あたりに中学2年3年のテキストの復習を始めました。そこから偏差値はのびてきました。苦手であることを自覚し、変なプライドを捨てることが大事だなと思いました。今まではセンター英語レベルの問題も5割くらいしかできなかったのに、常に正答率7割以上をキープできるようになり、足をひっぱらない科目にすることができました。

 最後に、苦しかった時期とモチベーションについてです。まず、高3の夏休みがとても長かったです。夏休みが始まったころのモチベーションは高くて、1日10時間以上の勉強を余裕でこなせました。しかし、夏休みは長くて、毎日そのペースで勉強を続けることがほんとに大変でした。私は息抜きとして、テニススクールに週1回二時間通っていました。  夏休みが終わったときは実感がありませんでしたが、夏休みにやった成果は11月過ぎにでるんだなと思いました。夏休みは本当に重要だけど、そこでバテない勉強をすることが大事だと思いました。

 また、センター直前は、センター対策ばかりやっていました。センターが終わって、私立一般入試の勉強のため、志望校の過去問を時間制限でやり始めて、一般入試の難しさを知りました。一般入試の勉強に取りかかることが遅かったなと思います。その時期が一番苦しかったです。もっと早くからそれぞれの大学の傾向を認識し、それぞれの対策をたてることが大事だと思いました。苦しいときは同じ目標をもった仲間をみつけ、モチベーションをあげていました。
 最終的に納得のいく結果をだせてよかったと思います。

▲ページの上に戻る

S.S(東海大健康科学部、関東学院大学経済学部合格:神奈川県内県立高校)

 私は中学3年の時、国語が絶望的に苦手でどうしようかと思っている時に、茅ヶ崎国語塾に出会い、入塾しました。
 田中先生の授業はわかりやすく、説明が丁寧なだけでなく、わからないところはわかるようになるまでとことん教えてくださり、私に合ったペースで授業をやってくれたので、入塾してすぐ国語の実力がみるみるうちに上がり、高校の模試では、国語で校内順位一番をとったこともあり、今では一番の得意科目です。
 入試の時には勉強面だけでなく、精神面でも支えてくれました。センター試験のとき、私は緊張のせいで具合が悪くなったのですが、そのときも親身になってくれ、その後の試験を乗り切ることができました。
 試験の時に一番親身になってくれ一番支えてくれたのは、田中先生でした。
 親との面談もこまめにしてくれ、親も安心していました。
 時間をかけずに効率良く、確実に国語を学ぶことができました。他では教えないような文章を解くコツも教えてもらいました。そして、国語が得意になったおかげで私は自信がつき、今、新たな目標に向かって頑張ることができるようになりました。
 国語は日本人として学ぶべき教科であり、国語は人生をおくるうえで一生役に立つものだと思います。
 田中先生ご指導ありがとうございました。
 そして、これからもよろしくお願いします。

▲ページの上に戻る

I.H(立教女学院短期大学幼児教育科:神奈川県内県立高校)

 受験で小論文が必要になり、小論文対策のある塾を探していました。そんなときにホームページを見て茅ヶ崎国語塾の存在を知りました。
 体験授業を受けてみて「集中して勉強ができそう!」と思い、入塾を決めました。
 私は塾に通い始めたのが遅かったので、受験まで約2ヶ月しかありませんでしたが、短い期間で小論文が書けるように先生が仕上げてくださいました。
 塾の日程も私に合うように配慮してくださり、とても助かりました。
 授業では小論文を書くためのポイントをしっかりわかりやすく教えてくださり、添削も素早く的確でした。小論文の課題も、私の行きたい学科の過去問を見て、それに合うような内容を先生が考えて出題してくれました。先生の出す課題が書けるようになるにつれて、受験に対して自信が持てるようになってきました。塾に通う前と通ってからの文章を見返してみたら、全然別物になっていたので、自分でも驚きました。
 小論文以外にも、自己推薦書や面接練習など全てお世話になりました。 面接練習もアドバイスが的確で、内容はもちろんですが、所作、身だしなみまでひとつひとつ丁寧にご指導してくださいました。
 受験前日には「自信を持って送り出せる」と言ってくださり、安心しました。 当日の受験は、自信を持って挑むことができました! その結果、無事合格をいただくことができました。
 この合格は先生の丁寧なご指導のおかげだと思っています。本当にお世話になりました。ありがとうございました!

▲ページの上に戻る